私たちの役目

ボルトンはどんな人と仲間になりたいのか

“ここで働いていて良かった”と言われる会社にしよう

小さい会社ですから私自身も一人で営業に出かけます。五島列島や宮古島のスポーツ用品販売店にも出かけていきます。大変でしょうと言われるのですが、そんなことはありません。直接お会いすると、どんなものが欲しいかを聞かせてくれて、それを作ってくれるメーカーが必要なのだとわかります。ボルトンがお役に立てることがあるのですから、うれしくなります。
会社がお客様の役に立っているというのは大事なことです。私は、ボルトンを社会に役に立つ会社にしたいとずっと思ってきました。それは、社員みんなが自慢できる素晴らしい会社ですし、ここで働いていて本当に良かったと言ってもらえる会社だと思います。
ボルトンでは、上下左右心の通じあえる信頼できる仲間たちを目指して、ものづくり、サービスづくりに励んできました。私も、経営者と従業員という関係ではなく、一つの目的に向かって日々努力する同志の一人だと思っています。そしてその上で、常に謙虚な姿勢と感謝の気持ちを持って、善いことを思い善いことを成していきたいと願っています。

価値観に共感していただける方をお待ちします

ボルトンはいま、新工場を稼動させて大きなステップを踏み出しました。生産能力のレベルアップにより、昇華プリントユニフォームで満足度第1位を目指すとともに、お客様から必要とされるものならば、ニッチな製品にも取り組んで日本一を目指します。ですからボルトンでは、いままで以上に若い仲間を増やしていかなくてはなりません。新しい仲間として期待したいのは、「私たちが大事にしていることを理解し、共感していただける方」です。
同じ価値観を持ち、明るく素直に人と接することができ、謙虚な姿勢で物事に取り組み、感謝の心を忘れない―――。そんな社員たちの集団を目指して、あなたの参加を待っています。

代表取締役社長 藤川 孝

ボルトンはどこを目指しているのか