先輩たちの仕事

「毎日が変わったわ、本当にありがとう」入社1年目、そんな言葉をいただいて、この仕事の意味を知りました。

運動のサポートで笑顔と元気を得ていただくお手伝いをする仕事です

私たちの健康体操クラブにいらっしゃるメンバーさんは全て女性ですが、その方々の目的や目標はさまざまです。私は、そのメンバーさんの目標が達成できるよう、お1人おひとりに合わせたサポートをしています。身体や健康の状態や悩みをうかがい、目標を話し合って、運動のレベルやプログラムを提案し、マシンの使い方やストレッチの仕方をお教えしながら楽しく運動していただきます。
このクラブはメンバーさんをとても近い距離でお手伝いできます。身体はもちろん、気持ちの面でも明るく元気になっていただく様子が見られたり、「ありがとう」の言葉をいただくことにやりがいを感じています。あるメンバーさんは、股関節に人工関節が入っていて杖なしで歩けなかったのですが、だんだん笑顔が増えてきて、お医者さんから血糖の数値が良くなったと言われ、今では歩くのが楽しいと言うほどに変わりました。「毎日が変わった。いろいろ教えてくれて本当にありがとう」と言われ、私も本当にうれしくなりました。

運動と健康について学び、理想のクラブを目指します

私は、小さい頃から身体を動かすのが大好きでした。中学、高校と陸上競技を続けて、運動の楽しさや目標に向かって努力することの大切さ、達成の喜びを実感し、運動について学ぶ専門学校へ進んだのです。そこで運動と健康が深く結びついていることが理解でき、就職でもそうしたことに関わる仕事がしたいと思って、ボルトンのフィットネス部門を選びました。
今は実際に運動による健康への効果を目にしながら、理想のクラブのかたちや自分自身の目標について話し合っています。今月にはフランチャイズの本部で10日間の研修があり、理論的な学習やコーチとしての技術、スキルの研修を受けたうえで実技検定テストを受けます。今年は後輩もできたのでしっかりしないといけないと思っていますし、自分自身ももっと成長してメンバーさんたちにより的確なサポートができるようになりたいと思っています。

中学、高校と陸上競技部に所属して棒高跳びをやっていました。卒業してからは県民マラソンやエレクトリックランなど、楽しみながら走れるイベントに参加しています。冬はスノーボードに行ってます。