FACILITY設備紹介

昇華ユニフォームをはじめ、ウェア生産に高い能力を発揮する設備群。

企画から製造、販売の自社一貫管理体制を強みとするボルトンでは、その強みを確かなものとするため、制作・製造設備の高度化と充実に常に力を入れてきました。加えて、日頃からの改善活動が、設備の能力を最大限に発揮させることを支えています。新工場の完成によってその設備能力は一段と高められ、より多くのお客様に価値のある製品をお届けするための体制が整えられています。

  1. 【1F】立体自動倉庫システム

    ボタンを押すだけで荷物が手元まで移動する6層の立体自動倉庫。原反やウェア製品在庫品が管理されています。

  2. 【1F】デザイン制作環境

    デザイナーによる、マーキングや昇華プリントユニフォームのデザイン作業、印刷データ作成作業がPC上で行われます。膨大な数の型紙のテンプレートがストックされています。

  3. 【新社屋2F】パターンCAD

    パターンCADを使って、スポーツウェアの新商品やフルオーダーの特注品のパターンメイキング(型紙作成)、パターングレーディング(他サイズ型紙作成)が行われます。

  4. 【新社屋2F】プロッター・インクジェットプリンター

    パターンCADで作成したパターン(型紙)をプロッターで印刷出力して型紙を作ります。また、デザイナーが作成した昇華プリントユニフォームのデータやマーキングのデータをインクジェットプリンターで受信し、昇華インクで転写用紙に印刷します。転写するため左右反転したミラー画像の印刷になります。

  5. 【新社屋2F】コンベア式自動延反機

    ウェアに使う筒芯に巻いた原反の生地をしわなく延ばしていきます。

  6. 【新社屋2F】熱転写機

    昇華インクが印刷された転写用紙と生地(ポリエステル100%白地)を重ね合わせ、熱(200℃)と圧力をかけて転写します。インクを付着させるのでなく、高分子樹脂層への浸透染色のため生地の機能性や感触は変わりません。

  7. 【新社屋2F】自動裁断機

    ユニフォームのデザインに染色された生地が自動裁断機にかけられ、各パーツの型紙どおりにカッターで高速裁断されていきます。

  8. 【新社屋2F】ラバーシート熱プレス機

    マーキングにラバーシートを使う場合、カットしたシートを布に載せて熱プレス機で転写します。